携帯サイトも御覧いただけます!
  • お問い合わせ
  • 第49回日本薬剤師会学術大会

関連サイト

  • 愛知県病院薬剤師会
  • 愛知県学校薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 名古屋市薬剤師会
  • 愛知県医師会
  • 愛知県歯科医師会
  • 愛知県ホームページ
  • あいち健康の森 薬草園

愛知県薬剤師会事務局

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-3-1
TEL 052-231-2261
FAX 052-231-2268

Q2.妊娠していますが、薬を服用してもよいでしょうか? 

: 薬についての質問で一番多いのは、「妊娠中の薬の使用」で、そのなかでも形態異常(奇形)についてです。その次は胎児に与える影響、妊婦自身の薬による影響となります。
妊娠しますと体内では複雑な変化が起こり、母体は機能低下をきたしたり、逆に鋭敏になり、薬の副作用も強く現れやすくなります。

さて、妊娠中に用いた薬の胎児に及ぼす影響は、次の 1.妊娠初期 2.胎児発育期 3.周産期(分娩前後約2週間の時期)三つに分けられます。


妊娠初期における薬の使用で、一番の問題になるのは形態異常です。この期間に不注意に胎児の器官を作るのに影響のある薬を用いると、器官形成が妨害されて、きわめてまれですが形態異常が起こることがあります。
薬が胎児に最も影響を与えやすいのは、妊娠4か月までで、特に2~3か月までに胎児の重要な各器官はつくられます。


受精してから子宮に着床前後の期周(排卵後2週間)の受精卵ないし胎芽は地較的抵抗力があり外からの影響はあまり受けないと言われています。
ただ、この時期に何かの障害を受けた場合にはその障害が大きいと受精卵・胎芽は死んでしまい流産すると言われます。
なお、胎芽とは妊娠20日までの妊卵の状態をいいます。


受精後器官形成期の胎芽が薬の影響を受けた場合、その時期に応じて形態異常を起こす器官が異なり、最終月経から数えて14週間が特に問題になります。


神経系は2~4週間、心臓は3~6週間、四肢は4~7週間目に作られるので、この期間の薬の使用には注意が必要です。


特に受精してから7週までは比較的大きな形態異常が起こりやすく8~16週頃は器官の成長も続きますが、生理・機能の作用の成長段階にあるので、器官の機能障害や比較的小さな異常が起こり14週間を過ぎた後は、少なくとも形態異常についてはあまり心配することはないと言われています。
ただ、妊娠に気づくのは生理が止まってしばらくしてからであり、気づいたときはすでに3か月ということが多いため注意しなければなりません。
この期間に不注意に胎児の器官を作るのに影響のある薬を用いると、きわめてまれに形態異常が起こることがあります。


従って、この期間はたとえ副作用の少ない薬でも、できるだけ用いないようにし、やむをえず薬を用いる場合にはできるだけ安全なものを、効果のある範囲の量を、短時間に限るようにします。
これらの薬については、医師、薬剤師に相談し、自分の判断で薬を用いないようにします。


次に、期間形成期を過ぎた胎児では、薬は母体から胎盤を通過して影響を及ぼします。


薬は胎児の肝臓や腎臓で解毒・排泄されない場合は、再び胎盤を通って母体に戻るため直接の障害作用は少ないと考えられていますが、現在のところすべてが判っているわけではありません。


しかし、例えば抗生物質のテトラサイクリンが骨、歯に影響しますし、カドミウム、水銀などは、母体へ胎盤を通って戻りにくいので胎児に沈着します。
胎盤は胎児を守るために、関所の役目をしていますが、胎児に必要な栄養を通すという仕事上、脳を守る血液-脳関門のように入ってくる物に対して、厳重なチェックはできないのです。


従って、妊婦に用いられた多くの薬は胎盤を通過して胎児にとどきます。よく通過するものは、抗生物質、睡眠剤サルファ剤、性ホルモン剤、ビタミンAなどがあります。


周産期では、妊娠末期に用いた薬が、胎児体内に移行した頃に出産した場合には、生まれた新生児の体内で薬が悪影響を及ぼす可能性があります。
新生児では解毒・排泄の機能が十分ではありませんから、薬の種類にもよりますが、少量でも問題になることがあります。


「妊娠・授乳と薬」のページもご参照ください。

copyright(C) The AICHI PHARMACEUTICAL All Rights Reserved
当ホームページ内に掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。すべての著作権は社団法人 愛知県薬剤師会に帰属します。