携帯サイトも御覧いただけます!
  • お問い合わせ
  • 第49回日本薬剤師会学術大会

関連サイト

  • 愛知県病院薬剤師会
  • 愛知県学校薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 名古屋市薬剤師会
  • 愛知県医師会
  • 愛知県歯科医師会
  • 愛知県ホームページ
  • あいち健康の森 薬草園

愛知県薬剤師会事務局

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-3-1
TEL 052-231-2261
FAX 052-231-2268

Q6.かぜ薬の成分と選び方・服用法について教えてください?

: 市販の総合感冒薬には「かぜ」のさまざまな症状をやわらげるために、鎮痛・解熱薬、抗ヒスタミン薬、鎮咳薬などろいろな成分が配合されています。
したがって、総合感冒薬は1剤だけでさまざまな症状をやわらげる利点があます。

おもな成分と薬効は次の通りです。

おもな薬効成分

1.鎮痛・解熱薬:

熱を下げ、喉・筋肉・関節の痛みを改善する成分です。
アスピリン、エテンザミド、アセトアミノフェン、イブプロフェン、イソプロピルアンチピリンなどがあります。
イブプロフェンは、他の成分に比べ症をおさえる作用が強い成分です。イソプロピルアンチピリンはピリン系の成分で解熱作用は強力です。小児はアセトアミノフェンを含む薬が向いています。

2.ヒスタミン薬:

鼻水、くしゃみをやわらげる成分です。おもなものにはマレイン酸クロルフェニラミン、ジフンヒドラミンがあります。眠気や口の渇きが出るのはこの成分のためです。

3.鎮咳・去痰:

デキストロメトルファン、ノスカピン、チペビジンが一般的な咳止めの成分です。
リン酸コデイ、ジヒドロコデインは麻薬系鎮咳薬で効き目が強力です。メチルエフェドリンは気管支を広げる作用があり、(ゼイゼイする)があるときに有効です。

4.カフェイン、生薬、消炎酵素薬、トラネキサム酸:

①カフェイン:疲労感の回復、眠気予防の目的で配合されています。
②生薬:鎮痛・解熱作用があるゴオウ、ケイヒ、ショウキョウや鎮咳作用のあるキキョウ、カンゾウが含まれているものもあります。
③消炎酵素薬(塩化リゾチーム、ブロメライン):出にくい痰や鼻汁を分解し、炎症を鎮めます。
④トラネキサム酸:炎症をおさえ、止血する効果を持っています。

5.漢方薬:

葛根湯(発汗、解熱、鎮咳作用があり、かぜの初期に適切)がおもに使われますが小青竜湯、桂枝湯にも類似の作用があります。

かぜ薬の選び方と服用法

 かぜ薬は対症療法なので症状に合った薬を選ぶようにします。
喉の痛み、咳、鼻水、熱、頭痛などの一般的なかぜの症状があるときには総合感冒薬ならどれでも有効です。
総合感冒薬をのんでも、高熱、筋肉痛、頭痛が改善しない場合は、バファリンなどの鎮痛・解熱薬を併用してもかまいません(先に述べたようにインフルエンザをかかったときには、早めに医師に診てもらう方が良いでしょう)。
熱や喉の痛みがなく咳と鼻水くらいのときには、抗ヒスタミン薬が配合されている咳止め(鎮咳・去痰)の服用でも十分です。

副作用と服用中の注意

  1. 副作用で多いのは皮膚の毒彦などアレルギー反応です。ひどいとショックを起こし、冷や汗、血圧低下、息苦しさが出る場合があります。ピリンアレルギーや薬剤アレルギーの多い方は非ピリン系かぜ薬の方が無難です。
  2. 眠気が起きることが多いので、車の運転には注意が必要です。
  3. 鎮痛・解熱薬で胃腸の具合が悪くなることがありますので、何か食べたあとに服用しましょう。
  4. 抗ヒスタミン薬でまれに排尿障害や眼庄上昇が見られる場合があります。
  5. 卵アレルギーのある方は、塩化リゾチームでアレルギーが出る可能性があります。
  6. リン酸コデイン、ジヒドロコデインを含む製剤で便秘になることがあります。
  7. 長期に服用しない限り、アレルギー反応以外重大な副作用はありません。しかし、かぜの症状が続くからといって、長期にわたって服用を続けると内臓機能に異常が出ることもあります。4~5日服用しても改善しない場合には、医師に診察してもらいましょう。とくに細菌感染が疑われるとき(黄色の鼻汁、痰やリンパ腺の腫れ、高熱)は受診しましょう。また、かぜ薬をお酒と一緒に服用するのはやめましょう。薬が効きすぎ、毒性のある代謝産物が体の中に増えることがあります。

他の病気で治療中の方の注意

  1. 心臓機能障害、不整脈治療中の方、重症喘息患者の方:メチルエフェドリンなど気管支を広げる成分で症状がひどくなり、胸苦しくなることがあります。このような方は、気管支拡張薬以外の咳止めが配合されている製剤を選ぶようにします。
  2. 喘息発作(アスピリン喘息)のある方:アスピリン、イブプロフェンで喘息発作が誘発される方がいます。鎮痛・解熱薬はアセトアミノフェンに気管支拡張薬が配合されている薬が適当です。
  3. 全身性エリテマトデス、混合性結合組織病の方:イブプロフェンを含有する薬は無菌性髄膜炎(発熱、激しい頭痛)を起こすことがあります。アセトアミノフェンを含む薬を選ぶようにします。
  4. 緑内障、排尿障害の方:抗ヒスタミン薬や抗アセチルコリン薬は、排尿障害、眼圧上昇に注意が必要です。

copyright(C) The AICHI PHARMACEUTICAL All Rights Reserved
当ホームページ内に掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。すべての著作権は社団法人 愛知県薬剤師会に帰属します。