携帯サイトも御覧いただけます!
  • お問い合わせ
  • 第49回日本薬剤師会学術大会

関連サイト

  • 愛知県病院薬剤師会
  • 愛知県学校薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 名古屋市薬剤師会
  • 愛知県医師会
  • 愛知県歯科医師会
  • 愛知県ホームページ
  • あいち健康の森 薬草園

愛知県薬剤師会事務局

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-3-1
TEL 052-231-2261
FAX 052-231-2268

Q8.高齢者が薬を服用する場合の注意は?

: 一般に、高齢者は薬の効きすぎによる副作用が多いので注意が必要です。その原因としては次の理由があげられます。

1.体の各臓器(肝臓、腎臓など)の機能が老化して能力がおちている…つまり、肝臓の解毒作用の低下や腎臓の排泄能力の低下などにより薬が体の中に多くなるからです。


2.血液中のタンパク質アルブミンが少ない…アルブミンは多くの種類の薬と結合します。その結合の割合は薬によって違いますが、アルブミンと結合したものは薬としての作用(はたらき)が一時とまります。血液中のアルブミンの量が少ないと結合する薬が少なくなり、その分だけ薬の作用が強く現れます。


3.一般に、老人の半数はいくつかの病気をもっているといわれ、従ってそれぞれに薬を用いるので、薬の種類も多くなります。


4.高齢者の病気は慢性の場合が多く、薬を長く用いることになります

このように、薬の副作用が起こりやすい状態にあるので、指示されたとおりに薬を用いること、自分の判断で勝手に多くしたり、あるいは中止したりしないようにします。
特に、記憶が悪くなってのみ忘れたり、のみすぎたりしがちですから、家族の方などは気を付けてあげましょう。
医師の診察を受けたり、あるいは薬局で薬を求める場合には、現在用いている薬は必ず伝えることが必要です。
また、薬を用いて異常を感じたら、すぐに医師、薬剤師に相談してください。

copyright(C) The AICHI PHARMACEUTICAL All Rights Reserved
当ホームページ内に掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。すべての著作権は社団法人 愛知県薬剤師会に帰属します。