携帯サイトも御覧いただけます!
  • お問い合わせ
  • 第49回日本薬剤師会学術大会

関連サイト

  • 愛知県病院薬剤師会
  • 愛知県学校薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 名古屋市薬剤師会
  • 愛知県医師会
  • 愛知県歯科医師会
  • 愛知県ホームページ
  • あいち健康の森 薬草園

愛知県薬剤師会事務局

〒460-0002
愛知県名古屋市中区丸の内2-3-1
TEL 052-231-2261
FAX 052-231-2268

Q10.錠剤を砕いたりカプセルを外して服用してもかまいませんか?

: 錠剤やカプセル剤は、散薬やシロップ剤などに比べると、用量が正確で、携帯に便利保存にも耐え、服用しやすい、などいろいろな特徴があります。
しかし、高齢者や小児など患者の年齢や症状によっては、ときに服用しにくい場合が見受けられます。
服用しにくいため、あるいは、習慣的に錠剤をかみ砕いたり、カプセルを外して服用しますと薬品によっては苦味や不快な臭いのため服用しにくくなる場合があります。

 胃では溶けずに腸で溶ける工夫を凝らした薬(腸溶剤など)では、胃障害を起こしたり、胃酸などにより分解されてまったく効き目がなくなることがあります。
長時間にわたって薬の成分が徐々に溶ける工夫をし、効果を持続させて、1日3回の服用が必要であった薬品を1日1回や2回の服用にした薬品(徐放錠や復効錠など)では薬効の持続は期待できなくなります。

 医薬品によっては、製造段階でいろいろな工夫がされていますので、特別な指示がない限り勝手にかみ砕いたり、カプセルを外して服用しないでください。
医師の指示を守らず、服用しにくいからと自分勝手に服用を中止しますと、満足な薬の効果が得られません。
医薬品によっては、錠剤、カプセル剤の他に同一成分で、散薬やシロップ剤あるいは坐剤など種々な形をもつ薬もあります。
錠剤やカプセル剤が服用できない時には、勝手に服用を中止せず医師や薬剤師に遠慮なくご相談ください。

copyright(C) The AICHI PHARMACEUTICAL All Rights Reserved
当ホームページ内に掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。すべての著作権は社団法人 愛知県薬剤師会に帰属します。