携帯サイトも御覧いただけます!
  • お問い合わせ
  • ツイッター
  • 愛知県薬剤師会正規職員(中途採用)募集について(分析業務)

関連サイト

  • 愛知県病院薬剤師会
  • 愛知県学校薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 名古屋市薬剤師会
  • 愛知県医師会
  • 愛知県歯科医師会
  • 愛知県ホームページ
  • あいち健康の森 薬草園

愛知県薬剤師会事務局

〒460-0002
名古屋市中区丸の内三丁目4番2号
TEL 052-953-4555
FAX 052-953-4556

Q12.錠剤やカプセルを水なしで、また寝ころんだまま服用してもよいですか?

: 「水なんかなくても飲めるさ」といって、錠剤やカプセルを水や白湯なしでのんだり、ベッドの中で寝ながらのむ人がいます。どちらも感心できるのみ方ではありません。

 水なしでのむと、のどや食道にひっかかったり、誤って気管に入る危険もあります。
寝たままでのむのも同様に、長くのどや食道にとどまり、溶けてしまうことも多く、潰瘍などの原因になることもあります。
立った姿勢なら 15mLというわずかな水で薬をのんでも、9割の人が、薬は10秒で食道を通過します。しかし、寝てのむと、立ってのんだときより効果開始が30分も遅れたという報告があり、薬は体を起こし少なくともコップ半分の水でのむべきだといわれています。
寝たきりの病人に飲ませるときは、上体を起こしてのませるようにしてください。

 では、薬を飲むのに一番よいとされる飲み物は何でしょうか。
それは白湯です。白湯は胃の温度を下げないので、胃の活動が妨害されず分解・吸収が速くなります。
胃の悪い人は、水より白湯でのむとよいでしょう。
また、あまりよくないとされる飲み物には、お茶・お酒・ジュース・牛乳などがあります。
これらは、その中に含まれるタンニン酸・アルコール・酸・カルシウムが薬の成分と結合したり、分解して吸収を悪くするといわれています。
しかし、一番大切なことは、服用を忘れずに確実に服薬することです。不安なことや疑問があったら、医師・薬剤師に相談してください。

copyright(C) The AICHI PHARMACEUTICAL All Rights Reserved
当ホームページ内に掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。すべての著作権は社団法人 愛知県薬剤師会に帰属します。