携帯サイトも御覧いただけます!
  • ツイッター
  • 新型コロナウイルスについて 政府インターネットテレビ

関連サイト

  • 愛知県病院薬剤師会
  • 愛知県学校薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 名古屋市薬剤師会
  • 愛知県医師会
  • 愛知県歯科医師会
  • 愛知県ホームページ
  • あいち健康の森 薬草園

愛知県薬剤師会事務局

〒460-0002
名古屋市中区丸の内三丁目4番2号
TEL 052-953-4555
FAX 052-953-4556

1.錠剤・カプセル剤は、コップ一杯の水でのもう

薬は、コップ一杯の水か、ぬるま湯で飲みましょう。

ファイルイメージ


これは、薬を飲みやすくし、よく溶かして吸収を良くするだけでなく、食道に薬がつかえて起きる食道炎の防止にもなるからです。


<薬をお茶と一緒に飲んでもよいですか?>

ファイルイメージ


特に問題はありません。
以前は、貧血用の鉄剤はお茶の中のタンニンが鉄の吸収を阻害すると言われていましたが、最近の研究で問題がないことが解りました。


<薬を牛乳と一緒に飲んでもよいですか?>

ファイルイメージ


牛乳は薬の吸収を遅くしますし、抗生物質の中には牛乳によって吸収が低下するものもありますので、牛乳で薬を飲むのはやめましょう。
しかし、牛乳は胃の粘膜を保護しますので、鎮痛剤など胃を荒らす薬の場合は、牛乳と一緒に飲むのも良いでしょう。


<薬をコーヒーや紅茶と一緒に飲んでもよいですか?>

ファイルイメージ


気管支ぜん息の薬の中には、服用中にコーヒーや紅茶を飲みすぎると作用が強くなりすぎ、頭痛やめまい等の副作用を起こすことがありますので注意が必要です。


<薬をグレープフルーツジュースと一緒に飲んでもよいですか?>

ファイルイメージ


高血圧の薬の中には、グレープフルーツジュースの中に含まれる成分により、作用が強くなりすぎ、頭痛などの副作用を起こすことがありますので注意が必要です。


<薬をビール等アルコールと一緒に飲んでもよいですか?>

ファイルイメージ


薬によっては、作用が強くなりすぎ副作用を起こすことがありますのでアルコールで薬を飲むのはいけません。






(c)東海四県薬剤師会情報システム委員会

copyright(C) The AICHI PHARMACEUTICAL All Rights Reserved
当ホームページ内に掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。すべての著作権は社団法人 愛知県薬剤師会に帰属します。