携帯サイトも御覧いただけます!
  • お問い合わせ
  • ツイッター
  • 新型コロナウイルスについて 政府インターネットテレビ

関連サイト

  • 愛知県病院薬剤師会
  • 愛知県学校薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 名古屋市薬剤師会
  • 愛知県医師会
  • 愛知県歯科医師会
  • 愛知県ホームページ
  • あいち健康の森 薬草園

愛知県薬剤師会事務局

〒460-0002
名古屋市中区丸の内三丁目4番2号
TEL 052-953-4555
FAX 052-953-4556

9.点耳薬のさし方

点耳薬の正しい使い方


ファイルイメージ

印刷用


ファイルイメージ

ファイルイメージ

ファイルイメージ


1.医師の指導にしたがって分泌物を十分取り除いてください。


2.手をきれいに洗ってください。


3.手のひらで薬瓶をにぎって2~3分温めてください。

*冷たい薬液をそのまま点耳すると「めまい」を起こすことがあります。


4.悪い耳を上にして、横向きに寝てください。


5.耳たぶを後ろにひっぱるようにして、点耳薬を6~10滴(ステロイド含有剤は除く)滴下してください。

中耳炎の場合は、点耳後耳たぶを上後方へひっぱりながらゆするようにすると、外耳道がまっすぐになり空気の層がなくなるので中耳腔まで十分に到達します。

点耳時には、つばを飲み込むようにするとよいでしょう。

このとき容器の先が直接耳に触れないように気をつけます。


6.点耳後そのままの姿勢を2~3分間保ってください。


7.清潔なガーゼまたはティッシュペーパーなどを耳にあてて起き上がり、耳の外に流れ出た点耳薬をふきとってください。






(c)東海四県薬剤師会情報システム委員会

copyright(C) The AICHI PHARMACEUTICAL All Rights Reserved
当ホームページ内に掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。すべての著作権は社団法人 愛知県薬剤師会に帰属します。