携帯サイトも御覧いただけます!
  • ツイッター
  • 新型コロナウイルスについて 政府インターネットテレビ

関連サイト

  • 愛知県病院薬剤師会
  • 愛知県学校薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 日本薬剤師会
  • 名古屋市薬剤師会
  • 愛知県医師会
  • 愛知県歯科医師会
  • 愛知県ホームページ
  • あいち健康の森 薬草園

愛知県薬剤師会事務局

〒460-0002
名古屋市中区丸の内三丁目4番2号
TEL 052-953-4555
FAX 052-953-4556

Q19.鎮痛に使われる非ステロイド抗炎症薬について教えてください?

: 鎮痛薬に使われる薬には、非ステロイド抗炎症薬(以下、非ステロイド薬と略)のほかに、ステロイド薬、麻薬などがあります。一般に頭痛、関節痛、打撲痛などには非ステロイド薬が使われます。

 非ステロイド薬の作用は、プロスタグランジン(生体内にある痛みなどを増強させる物質)と呼ばれる物質の産生を防ぐことによって、痛みをとったり炎症を鎮めたりします。また、かぜをひいた時などに熱を下げる目的にも使われます。

 非ステロイド薬の剤形としては、ほとんどが経口薬ですが、坐薬・湿布・塗り薬などもあります。
坐薬は、直腸から吸収されますので経口薬に比べて即効性があり、胃に直接入らないため、非ステロイド薬の副作用である胃腸障害を防ぐことができます。
湿布や塗り薬は、直接、筋肉や関節組織にまで浸透し、鎮痛作用をあらわします。

 非ステロイド薬を使用するときの主な注意事項には、次のようなものがあげられます。

  1. 胃を荒らすことがありますので食後に服用するように心がけてください。空腹時における頓服の場合は、牛乳やクッキーなどの軽食をとってからおのみください。
  2. 湿布や塗り薬に関しては、目や粘膜などに使用しないようにしてください。
  3. 妊娠・授乳中の方は、医師もしくは薬剤師とよく相談してから服用してください。
  4. 消化性潰瘍がある人は、服用を避けてください。

 非ステロイド薬としては、昔からアスピリンがよく知られていますが、現在では多くの薬品が開発・使用されています。代表的な薬として、ロキソプロフェンナトリウム(ロキソニン)、ジクロフェナクナトリウム(ボルタレン)、インドメタシン(インダシン)、イブプロフェン(ブルフェン)などがあります。

copyright(C) The AICHI PHARMACEUTICAL All Rights Reserved
当ホームページ内に掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。すべての著作権は社団法人 愛知県薬剤師会に帰属します。